ARTWORK【作品について】

Fizz連載中「全力で愛していいかな?」の見どころ

作品を創っていくうえで難しかったところはありますか?

さんずい尺先生(以下、さんずい):
【全力で愛していいかな?】では「作品の特色をどのように出すか?」「ヒーロー・瀬尾さんの人としてと男性としての『良さ』の演出」というこの2点については、担当編集さんと一緒にテーマがブレないように設定をしっかり考えていきました。特におじさま(瀬尾さん)像は「かっこよさ、紳士感、頼れるひとりの男性として尊敬できるように」キャラ作りとテンポを意識して練りながら構成を考えていきました。
 
▲初期キャラクターラフ案

気に入っているシーンやセリフなどがあったら教えてください。

さんずい:
特定のシーンはありませんが、キャラの感情が動くシーンは見直した時に良いなと思います。
ヒロインの千夜ちゃんもヒーローの瀬尾さんも、毎回作品を描くたびに「この回・この表情が一番のクライマックス!」だと思って描いています。
ただ、直近では7話が個人的にも最高だと思って描かせて頂きました。瀬尾さんの何面もある、ありとあらゆる表情に期待していただけたら嬉しいです。
 
▲「全力で愛していいかな?」7話より

WORKS

漫画家になろうとした・漫画家を志したきっかけ

デビューの経緯を教えてください。

さんずい:
数年前、同人誌即売会に参加した時に今の担当編集様にお声をかけていただいたのがデビューのきっかけです。現在は.Fizz(ドットフィズ)で女性向け・一般の作品を描いていますが、最初はティーンズラブ(以下:TL)のオーダーで声をかけて頂き、漫画家としてスタートしました。
当時は(今もですが)漫画を描くという仕事に憧れていたので、どんなジャンルであれ「漫画のお仕事」をいただけたことが嬉しかったことを覚えています。TLというジャンルはその時初めて知りましたので、担当編集さんには当時からよく作品について相談に乗っていただいておりました。
 
ーー現在は「恋愛ショコラ(TL)」と「.Fizz(女性・一般)」を毎月スイッチしながら描かれていますが、ジャンルの違う作品を描かれる際に何か気持ちの違いはありますか?
 
そうですね。それについては特に意識してはいませんね。どちらも自分のルーチンワークとして位置付けています。TL作品の「年下御曹司といいなり同居~毎晩だなんてありえない!!」はおかげさまで連載が5年目に入りましたが、1エピソード毎の色気は常に意識しながらネタ作りは頑張っています!

漫画家をしていて楽しいと感じる、またはやりがいを感じる瞬間はどのような時でしょうか?

さんずい:
楽しいという感情は実は抱いたことがありません。決してマイナスな感情ではなく『仕事』という認識なので『責任』が強いです。『やりがい』についてもそうなのかもしれません。 ただ、作品の最初の読者である担当さんにご感想の言葉をいただくと頭が元気になります。そして作品を見てくださっているファンの方にご感想をもらえるのが本当に嬉しいし、モチベーションにもつながっています。
 
ーーなるほど。作家さんそれぞれの考えがある中でも、さんずい先生は漫画への向き合い方がビジネスライクであり「The仕事人」って感じですね。甘く・柔らかい作品を描かれるイメージとは逆にかっこいい雰囲気が伝わってきますね。
 
うまくいえないのですが、あまり思い入れ入れすぎると辛くなる気がして…。やっぱり漫画を描くという仕事は「楽しい」ばかりの仕事ではないと思っていて、楽しくてもその時の自分の状態やモチベーションによっても「厳しい」時もあります。なので、その時こそ「これは仕事だ」という気の持ち方も自分にとっては重要で、ある意味それが自分にとっての「漫画との良い関係性」を保つ秘訣なのかもしれません。これは、この作家活動をしていく中で徐々に自分の中で身についたことでもあります。

これから漫画家を目指す人に伝えたいことやメッセージをお願いします。

さんずい:
これは昨今リモートワークも増えてきているので、どのような職種の方にも言えることなのですが、睡眠はちゃんと摂って太陽にもしっかり浴びてください(笑)
その中でも漫画家という職種は規則正しいワークスタイルのコントロールが大事かなと思います。そして、当たり前のことですがファンの方をはじめ、人との繋がりも大事にしていきたいと思っています。

PRIVATE

FANも気になる素敵な作品を作る先生のプライベートについて

趣味や、最近はまっていること、息抜きにしていることがあれば教えてください。

さんずい:
趣味は納品後にお気に入りの「かき氷」を食べにいくことと、仕事の息抜きは、マインクラフトと某アプリゲームにハマっております。(先生の熱い推しの話を聞かせていただきました^^/forcs)
シーズン問わず人気の出てきているかき氷文化は友人から勧められたのがきっかけで、この世界の奥の深さを知り、以来ずっとハマっております。


▲先生のお気にりのかき氷はおしゃれで大人なメニュー。瀬尾さんと千世ちゃん二人のこんなスイーツデートを想像しちゃいますね。

VISION

先生の目指す今後のビジョンや思いについて

今後、こんな作家になりたい、というビジョンや目標はありますか?

さんずい:
漫画を描くことが好きなので、なるべく長く多くの作品を作っていける作家であれたらいいなと思っています。また、今後作ってみたいテーマもあるので、いつか実現できたらいいですね。この思いは前々からあったのですが「好きな作品を作っていきたい」と言う考えから「より戦略的に作品作りに取り掛かろう」と思ったのは、今の担当編集さんと一緒に仕事を始めてからです。一緒に作品作りをしていく上で、自分の中でも変わってきた部分ですね。読み手のみなさんが入りやすい題材やテーマ、自分の中で作りたいアイデアがより伝わりやすくなるような構成を心がけていきたいと思っています。
 
ーーその考え方が今の作品作りにも生きていることを作品を通して感じられるように思います。「全力で愛していいかな」でもキャラクターの設定やシチュエーションはかなり練り込まれているとお聞きしました。
 
さんずい:
そうですね。実は細かく作品の設定練り込んでいたりはします。瀬尾さんの名前の由来とか(笑)。実は本編には入れていないこぼれ話はいくつかあるのでいつかタイミングがあればその話も描いてみたいですね。
 
ーーさんずい先生の中で根拠のあるキャラ作りであるからこそ、何気ないキャラの仕草に、重みがあるんですね。
 
さんずい:
今は描くことに対して責任感が強いのかもしれないです。漫画を描いているのは自分自身ですが、正直私だけの仕事じゃないので。読者の方をはじめ、色々な方に支えられてこそ続けていける仕事なので、何かを感じていただけるようなストーリーを作っていくためにも、設定や細かいシチュエーション作りには時間をかけています。

「全力で愛していいかな?」の今後の展開で、今後の見どころをちょっとだけ教えてください!

さんずい:
直近では7話が一つの山ですが、全体通してですと瀬尾さんの全力の向こう側だと思います。

熱心な読者やファンの皆さんにメッセージをお願いします!

さんずい:
作品を読んでいただき本当にありがとうございます。読んでくださる方がいるということが本当に嬉しいですし、応援やご感想のメッセージなどは日々のモチベーションにもつながっています。いつも作品を待っていてくださる読者のみなさまに、出来る限りのスピードでお届けできるようにこれからも頑張りますので、ぜひ今後も楽しんでいただけたら幸いです。